ピアノ・バイオリン・チェロ・フルート・声楽・弦楽アンサンブル・室内楽

2014.6.21フレッシュコンサート

2014.6.21  

画像の説明

画像の説明

画像の説明

17時15分〜
地下Aスタジオ
入場無料

fileコンサートプログラム

♪ モーツァルト:
ピアノとバイオリンのためのソナタ 二長調 KV7
第1、3楽章
ピアノ 中村薫(小5)
バイオリン 戸羽有那(小4)
モーツァルトは、古典派の作曲家です。
古典派の音楽の特徴は、楽譜に忠実に、音の長さをしっかりと守って弾く事です。
モーツァルトは明るい曲を書いて欲しいという依頼があり、
そのため楽しい明るい曲が多いそうです。
今回演奏する曲も明るい曲です。モーツァルトはおふざけが好きだったので、
途中、驚かせるような所が出てきます。
早くて指が回らなかったり、二人の息が合わなかったりしたけれど、
何回も練習して、どんどん二人の息も合ってきているので、聴いてください。

♪ ディアベリ :
ソナチネ第6番 op163-nr6 
第1、2、3楽章
ピアノ 中村雛子(小6)
加藤夏海(小5)
1971年オーストリアで生まれたディアベリの曲はソナチネなど楽しく、
面白い曲がいくつかあり、好きな作曲家のうちの一人です。
室内楽の二人での練習は楽しかったですが、
お互いの指やうでがぶつからないように気を付けたり、
テンポやタイミングを合わせるのがむずかしかったです。
1楽章はテンポよく 2楽章はやさしく 3楽章は元気よく 
今日はお互いの音を聴くことに気を付けながら演奏したいです。

♭ モーツァルト:
2台バイオリンのためのドイツ舞曲
バイオリン 富田悠介(中2)
千葉赳巳(高2)
(特別出演)
 モーツアルトは5才から作曲を始め、35才で亡くなるまで900以上もの曲を作曲しました。
いろいろなダンスの曲もたくさん作曲しました。
メヌエットは貴族たちが踊る曲で一般の人たちは踊ることができませんでした。
一方、ドイツ舞曲は男女がペアになって一般の人たちも踊ることができました。
今日はそのドイツ舞曲の中から4曲を演奏します。
1曲めはモーツアルトが16歳の時に作ったものです。
2曲めは亡くなる年に作られました。
どれもモーツアルトらしい華やかな曲です。
明るく親しみやすく、ぼくたちが部活やテストで少々疲れていても、
ヴァイオリンを弾いているうちに元気が出てくる曲でした。
コンビを組んで1ヶ月あまりで練習の回数が少なかったのですが、
踊りだしたくなるような楽しさを感じていただける演奏をしたいと思います。

 ♪ モーツァルト:
2台のピアノのためのソナタ KV448第1楽章
ピアノ 岡村陽奈(高2)
富田麻友(高2)
この作品はモーツアルトが25歳の時にウィーンで作曲しました。
モーツアルトには、アウエルンハンマーという優れたピアノの弟子がおり、
この曲は2人で弾くために作曲されました。
また漫画作品「のだめカンタービレ」で、
主人公の千秋真一と野田恵が初共演した作品として有名です。
 2人とも2台ピアノは初めてで、合わせるのが大変でしたが、
今日はお互いのメロディを楽しみながら演奏したいと思います。

a:1797 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 3.68
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional